インドア母ちゃんと4人のこどもーズ

4人の子育て中でも片付いた家にしようと必死なサブカルおばさんです。

マツコの知らない世界の「読み聞かせ絵本の世界」で紹介された絵本をまとめました【内田早苗さん】

f:id:chochopolix:20190123000151j:plain

今回の講師は自宅に絵本を1500冊所持する主婦・内田早苗さん。

 神奈川県平塚市で、「きいろいおうち」という絵本サロンを開いている方です。

 

 

番組内のフリップでは不動産事務と紹介されていましたので、絵本サロンのお仕事と二足のわらじなんですね、かっこいい。

現在44歳で、中一の息子さんがいらっしゃいます。

この息子さんとのコミュニケーションの手段として、絵本と出会ったそうです。(のちにご紹介します)

 

そんな内田さんが紹介するのが

マツコの知らない「読み聞かせ絵本」の世界

今、絵本ビジネス拡大によってストレスを抱える親が急増!とは?

不況の出版業会の中で、絵本の分野だけが売り上げが伸びているのだそう。

年間2000冊もの絵本が出版されるので、親たちはどれを選んだら良いか悩み、ストレスに。

内田さんいわく、「絵本にしつけや教養は求めず、ただ読んで楽しめるものを選ぶ」

教育にはきかない・・・のだそう。

 

 

大人が読み聞かせ絵本を楽しめない理由 

▶︎大人は文字を追うから楽しめない

▶︎こどもは声を聞き絵を読むので楽しめる

 例えば・・・

『しろくまちゃんのホットケーキ』

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

内田さん

・ホットケーキが焼けていく場面が子どもに人気

・実は洋服の色が変わるしろくまちゃん→子どもは洋服を汚す自分と照らし合わせる

 この洋服の変化を大人は気づかないが、こどもは絵を見るので発見するのだそう。

f:id:chochopolix:20190122223131j:plain

子ども嫌いの内田さんを救った!読み聞かせ絵本2冊

内田さん自身が絵本を好きになった理由としてあげています。

 

 子どもと接するのが苦手で困っていた時に、息子さんとコミュニケーションをとるのに救世主となったのが「絵本の読み聞かせ」だったそう。

落ち着きのない子どもも静かになる魔法の絵本

 『ごぶごぶ ごぼごぼ』
ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

 

 読み始めると、それまで騒がしかった子ども達が何故か静かになる!?

 これは作者の駒形さんのお子さんがお腹にいた時に聞こえた、と話されたことを元に文字にした本なのだそう。

泣いていた赤ちゃんが、お母さんのお腹を思い出すのかな?

 手に取り食べたくなる!

 『くだもの』
くだもの (幼児絵本シリーズ)

くだもの (幼児絵本シリーズ)

 

作者の平山さんが4年かけて描いた絵がリアルで、子どもが絵の果物を取ろうとする仕草をする

→コミュニケーションになる

 

子供にとって記憶に残るのは、料理や送り迎えよりも読み聞かせ!?

内田さんいわく、 料理や送り迎えは当たり前だけど、読み聞かせのほうが愛情を感じ記憶に残るのだそう・・・これには賛否ありそうです。

うちの子は食べるのが好きなので、食べたもの、作ったものも記憶に残ってるようですし、料理上手な親ならまた違う気がしますが・・・。

 

子どもにとって声こそ絵本の最大の魅力

漫画や小説など、子ども向けの本はたくさんありますが、声に出して読むために作られた本こそ絵本であり、声を出してぜひ読んでほしい。

声を出して楽しめる読み聞かせ絵本4冊

 こどもが合唱する絵本

『これはのみのぴこ』
これはのみのぴこ

これはのみのぴこ

 

絵を担当した和田誠さんは、料理研究家の平野レミさんの旦那様です。

 この本は、「これはのみのぴこ」「これはのみのぴこのすんでいるねこのごえもん」と、文章がだんだんと長く連なっていきます。

何度も読み進めるうちに、子どもが言葉を覚え、真似して合唱してくるのだそう。

 

想像を超える音を楽しめる

『おいしい音』
おいしい おと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

おいしい おと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

 

作者の方は目の不自由な三宮麻由子さん。

実際に耳で聞く音ではなく、自分が咀嚼している音を分にしている。

 

関西弁がくせになる!

『オニのサラリーマン』
オニのサラリーマン (日本傑作絵本シリーズ)

オニのサラリーマン (日本傑作絵本シリーズ)

 

 関西弁の、地獄カンパニー(会社)にて仕事で失敗した赤鬼が主役。

「おにごろし」を呑んでいるサラリーマン・・・ちょっと大人向け?

社会の厳しさを描いてるけれど、関西弁で描かれていることで柔らかい印象になり、こどもにも馴染みやすい絵本になっている。

 

一緒に歌いたくなる!

『パンツのはきかた』
パンツの はきかた (幼児絵本シリーズ)

パンツの はきかた (幼児絵本シリーズ)

 

はーじめに片足入〜れるでしょ♪とぶたさんがパンツを履いていく様子を歌う。

でも、せっかく履いたのにパンツは裏返し・・・歌が苦手な大人も一緒に歌える! 

女優の岸田今日子さんが文を、「100万回生きたねこ」の佐野洋子さんが絵を担当しています

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 

大人も子どもも涙・・・絶対に読んでほしい心に残る1冊

小学校の卒業式前夜に読み聞かせた絵本 

 『あなたはとってもかわいい』
あなたがとってもかわいい

あなたがとってもかわいい

 

子を想う親の普遍的な愛を描いた絵本。

生まれたての赤ちゃんの頃はもちろん、あなたのお母さんだから、あなたが大きくなった今でも可愛いと想う気持ちは変わらないよ、という内容です。

面と向かって「あなたが可愛いんだよ、大事だよ」と恥ずかしくて言えないタイプなので、絵本の読み聞かせで伝えられた、と内田さん。

読み聞かせでもらった息子さんは恥ずかしいのか、覚えていないと言いますが・・・。

高学年〜中学生なら恥ずかしさがあるかもしれませんが、年長、低学年くらいのお子様には伝えやすくていい絵本だな〜と思いました。

 

 

 

 

ちなみにこの日収録にきていた中学生の息子さんが、魚が好きということでこの2冊もご紹介していました。 

おさかないちば (講談社の創作絵本)

おさかないちば (講談社の創作絵本)

 
魚市場 (グラフィック・ライブラリー (1))

魚市場 (グラフィック・ライブラリー (1))

 

 今回記事を書いてびっくりしたのですが、「しろくまちゃんのホットケーキはなんと1972年、もう50年近くも前に出版された本なんですね!

色褪せない素敵な絵本ですしお値段安めなのもありがたいです。 

さよならさんかく (こぐまちゃんえほん)

さよならさんかく (こぐまちゃんえほん)

 

さよならさんかく、またきてしかく・・・ホットケーキの焼ける音もそうですが、こどもの耳に残る響きは、何年たっても変わらないのでしょうね。 

 

▽内田さんの絵本サロン「きいろいおうち」のMAP

 

▽内田さんのBlog

ameblo.jp

 

▽きいろいおうちのHP(出来立てだそうです)

kiiroiouchi123.wixsite.com

 

▽インスタグラム

www.instagram.com