インドア母ちゃんと4人のこどもーズ

4人の子育て中でも片付いた家にしようと必死なサブカルおばさんです。

【小3の作るジブリ飯④】魔女の宅急便に登場する素敵おばーちゃんの「鰊とカボチャのパイ」を作るよ

f:id:chochopolix:20170929225253j:plain

はい、このシリーズもついに4回目。

今回はかなりの大作となり、焼き時間も含めると2時間近くかかりました。

 小さい頃は、魚といえば焼き魚でしたので、なぜニシンをパイに?と疑問でした。

そして一応母となった今、ニシンは全く購入しないんですよね・・・骨が多くて面倒で・・・。

ささっと調理できる鮭や鯖が多いんです。

なので今回はニシンを使うこと自体、私にとってもチャレンジであります。

f:id:chochopolix:20171120151703j:plain

 パイの生地を作るところからはさすがに難しいので、冷凍食品さんにお願いしました。

なぜ海苔があるかというと、飾りのオリーブの代わりです。

バター、小麦粉、牛乳は前回のムニエルのソースと割合は一緒です。

鰊は糠にしんしかいつものお店に置いてなくて・・・

いつも鰊なんて買わないし、これでうまくできるかも謎です。

 

①かぼちゃ下準備

f:id:chochopolix:20171120151653j:plain

種をとって、軽く洗ってラップに包みレンジでチンっ。

柔らかくなり、こどもでも切りやすいです。

一口大に切ったら器に入れてもう1度チン。

 

②玉ねぎを切る

f:id:chochopolix:20171120151646j:plain

カボチャをチンしている間に玉ねぎの下準備です。

実は大きくて切りにくい包丁が怖かった娘、前回まで果物ナイフで料理をしていました。

サイズ感はいいけど、さすがに切りにくそう・・・ということで、ホームセンターに行って包丁をウン年ぶりに購入。

ずっと、有名な「グローバル」の包丁を買おうと思っていたのですが、キッチンバサミを使っていて切れ味の良い「ヘンケルス」にしました。

少し小ぶりなので、手の小さい私や長女に扱いやすくて良いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヘンケルス ロストフライ 三徳包丁 16.5cm 10055-161【楽天24】
価格:3012円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)

もっと早くに買っていれば料理の時短になってたなと後悔・・・。

 結構お値段するんですが、今まで「お値段以上♪」なお店でとりあえず買った数百円のを10年近く使ったので、良しとします!もっと高いのあったし・・・

③ニシンを切る

f:id:chochopolix:20171120151637j:plain f:id:chochopolix:20171120151629j:plain

とにかく硬いのと掴みにくいので、悪戦苦闘してました。

この後あのおばあさんがどうやって料理したかわからないので、とりあえず糠を落として二人で小骨をひたすらとりました。

 

 

④玉ねぎとニシンに火を通す

f:id:chochopolix:20171123025014j:plain

オリーブオイルを温めたら、玉ねぎを投入、その後ニシンも焼いちゃいます。

あとでオーブンで焼くのですが、心配だったので結構焼きました。

 

⑤かぼちゃを潰す

f:id:chochopolix:20171123025916j:plain

鰊と玉ねぎを焼く間、レンジでチンで柔らかくなったカボチャを、グラタン皿に入れて潰します。

あまり細かくしすぎず、少しごろごろと歯ごたえが残るように。

 

⑥器に盛り付け

f:id:chochopolix:20171123025007j:plain

かぼちゃを潰し終わったので、上に焼いた鰊と玉ねぎを乗せます。

パイシートで隠れるので、細かい事は気にしません。

 

⑦ホワイトソースを作る

f:id:chochopolix:20171123024956j:plain

他に味付けしていませんので、こちらのソースのみ。
作り方は「紅の豚のムニエル」のソースと一緒です。

さっきかぼちゃに鰊を乗せたさらに上にソースをかけておきます。

 

⑧パイシートをカットする

f:id:chochopolix:20171123030336j:plain

冷凍食品コーナーで購入したパイシート、包んであるラップ?のまま切ります。

作中に登場するのを真似て魚の形に。

これは細かい作業なので果物ナイフで。

 

⑨たまごで艶を出す

f:id:chochopolix:20171123030321j:plain

美味しそうに見えるように、卵黄をぬりぬり。

我が家にはハケがないので、ゴムベラで代用。

 

⑩オーブンで焼く

f:id:chochopolix:20171123030308j:plain

中に火が通っているので表面のパイが焼ければ良いのですが、200度で20〜25分くらい焼いたと思います。

(パイシートの裏面の説明より、若干時間を延ばした気がします。)

 

 

出来上がり!

f:id:chochopolix:20171123031505j:plain

焼きあがったあと、丸く切った海苔を縁に飾ります。

オリーブがあれば尚良いと思いますが、買っていないし常備もしていないのでこれでガマン。

娘曰く、「私、オリーブ嫌いなのよね」なのだそうで・・・。(えっそっちの味方なの?)笑

 

f:id:chochopolix:20171123032143j:plain

ちなみに中はこんな感じ。

鰊の糠の味がものすごい主張してきます。

これは・・・ツナやチキンでやったほうが美味しいでしょう!

「私これ嫌いなのよね」と言ったあの子の気持ち、わからんでもないです。

 

ちなみに・・・

f:id:chochopolix:20171123032133j:plain

この器の模様も、作中に登場するグラタン皿

f:id:chochopolix:20171128120025j:plain
に似せて娘がペイントしました。

ポニョのラーメンのときの丼のお店で一緒に買ったものです。

chochopolix.hatenablog.com

  

今回はちゃんとしたお店で買いましたが、白いグラタン皿なら100円ショップにもありそうですよね。 

 

キキのパイを作る画像はこちらの本からお借りしました。

スタジオジブリの 食べものがいっぱい: 徳間アニメ絵本ミニ